歯科という医療分野について

医療分野の中で、医科と歯科はそれぞれ独立していますので、大学学部も違ってきます。
歯科は歯科系大学あるいは歯学部にあります。40年以上前くらいまで、歯科は医学部の中にありましたが、今はすべて独立しています。

歯科はたくさんの専門分野があります。口腔外科、矯正科、補綴科、小児、保存科、放射線科、歯周病科、審美科などが代表的なものです。
口腔外科でもらさに分かれており、例えば最近よく耳にする「インプラント科」があります。
口腔外科から独立して「インプラント」や「口腔腫瘍科」などといった専門をもった大学もあります。

6年を卒業し、国家試験に合格すると、1~2年の研修が義務付けられています。

研修が終わるとほとんどは独立します。

中目黒では裏側矯正も人気になっています。

勤務(大学や口腔外科などの病院)する人は少ないです。

この分野はどうしても就職口が限られているため独立が多くなってきます。
以前はむし歯治療がメインでしたが、今は予防に力を入れています。



この予防については北欧が先進国であり、予防に力を入れることで、未然にむし歯などを防ぐことで、医療を削減することが狙いです。


予防に力を入れることと並行して、インプラントが飛躍的に伸びてきました。



インプラントとは、人工の歯を植え付けえることで、自然な歯と同じ噛み応えを期待できるものです。口腔外科の分野では今このインプラントが人気を帯びています。

歯を大切にすることは、自分の体を大切にすることに等しいです。

歯を大切にしましょう。