北欧家具の魅力は素材と機能性

若い人の間で北欧家具や北欧インテリアの人気が高まっています。
北欧家具とはデンマークやスウェーデン、ノルウェーなどの北欧で主に作られているものです。


これらの国々は冬が長く、またとても寒いために室内で過ごす時間が長くなります。

そのため長く使えるあきのこないデザインの家具や、明るい色彩のインテリアが生まれたのです。



また北欧は広大な森林資源に恵まれています。

樫の木や白樺など生えている木を使い、木の生地のをそのまま生かしたテーブルや椅子、食器棚などはナチュラルで使い心地が良く、またシンプルな形なので日本の木の家にも違和感なく配置することができます。日本も森林資源に恵まれた国で、木で家を作り生活道具を作ってきました。


木を大切にする文化を持つ日本と北欧はどこか似ているのかもしれません。北欧の家具は部屋に置くと木の温もりが感じられ、しかも機能性を大切に考えられているので使いやすいという特徴があります。
また古い物でもシンプルなデザインのため、今使っても充分モダンで美しいため人気があります。

良い材料が使ってあるために、時間を経過すると一層風格がまして、新しいものにはない魅力が生まれます。


時間をかけて育てていける家具といえるでしょう。



北欧では両親や祖父母が使っていたものを受け継いでいる人も多く、それだけ古いものにも魅力があるということなのです。



また比較的手に入れやすい価格帯であることも人気の理由の一つです。
飾るためのものではなく、日々使うことで心地よさを与えてくれます。